看護師の転職で失敗しないためには、将来

By | 2016年11月4日

看護師の転職で失敗しないためには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが大切です。

そして、どんな条件を重要視するのかを決めておく方がいいでしょう。未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても違います。

一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制の病院の方が多いといえます。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、お祝い金を受け取れるサイトがあります。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにするのが良いでしょう。また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、第一に待遇で何を重視したいのかを言語化できるようにしておきたいものです。夜の勤務は難しい、充分な休みが欲しい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。 看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。

修学旅行やツアーなどに連れ添って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。

結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいるものです。病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。