修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気に対しての応

By | 2016年10月15日

修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を望んでいます。

病院以外を職場とするのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても異なってきます。

職場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。

看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。

看護師不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。

看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。

もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には出てこない案件も少なくありません。
しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、求人元を「気風」という点からも検討できます。 できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを任せられることもあるようです。